赤ちゃん-便秘

赤ちゃんが便秘になったら?代表的な対応方法を解説

・便秘の見極め方

赤ちゃんも便秘になってしまうことがあります。しかし、大人とは食生活や排泄のサイクルが異なるため、判断しにくいことも珍しくありません。便秘が疑われる場合の対応方法として、最初に行うのは症状の見極めです。

もし、3日以上便が出ていない場合は便秘である可能性が高いです。排泄がある場合でも少ししか出ていない場合や硬い場合も注意しなければなりません。

食べたり飲んだりしたものを、吐き出してしまう場合も便秘の可能性があります。その他にも機嫌が悪かったり、泣き続けたりするケースも見受けられます。便が出ないために、そのような行動をとって不快感を示しているのです。

また、明らかにお腹が大きく膨らんでいる場合もあります。

・便秘の具体的な対応方法

便秘の可能性が高いと感じたら、次の対応を行いましょう。基本となるのはマッサージです。マッサージにはさまざまな方法がありますが、基本的には時計の針が進む方向にお腹を押してあげると良いでしょう。へそを中心として考えて、回転するようなイメージでマッサージをします。指だけでなく、手のひらで優しく押してあげてください。焦らずにゆっくりと円状に手を動かしていきます。

また、肛門を刺激する方法も広く行われています。綿棒にベビーオイルなどを塗って、肛門の入口を刺激するのです。肛門を傷つけないように注意しながら、綿棒を指し込んで優しく刺激してあげましょう。綿棒をゆっくり出し入れしたり、円の軌道をイメージしてゆっくり動かして刺激してあげることがポイントです。

また大人と同じく、水分が不足していることが原因で便秘になる赤ちゃんもいます。その場合は、赤ちゃんの月齢にあった適切な方法で水分補給をしてあげることが大切です。離乳食だけでなく、母乳や白湯などで水分を十分与えてください。

最後に判断に迷ったら、すぐに医者に見せることが一番です。迷ったらまずは専門家に確認しましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です